初心者のための医学部予備校情報サイト

医学部の面接対策

医学部の面接対策 医学部受験において面接対策はあまり必要ではありません。
なぜかというと勉強はできてもパーソナリティ的に問題がある学生は合格させたくないという大学の意向によって行われるので、他の受験生と差をつけるような素晴らしい回答を求めてはいないからです。
したがって対策にあまり時間をかけないことがポイントになります。
医学部を志望する理由やこの大学を志望する理由、将来どんな医師になりたいかなど面接でよく聞かれる質問の答えを用意しておくだけで大丈夫です。
これらの質問に自信を持って答えられるように、あらかじめ答えを用意しておきましょう。
特に医師や医学部を志望する理由やこの大学を志望する理由をスラスラ答えられないと印象が大きく下がってしまうので注意が必要です。
他にも医学知識や医学ニュースについて質問する大学があるので、医学知識や医学ニュースを調べておくことも大切です。
完璧な答えまですべて用意する必要はありませんが、最低限の知識を調べておきましょう。

医学部受験の面接対策とはどのようなものか

医学部受験の面接対策とはどのようなものか 医学部の面接では、医師の志望理由やその大学を受験した理由が必ず問われます。
これらはどの大学でも質問されるので、大学案内やホームページなどをしっかり読んで、自分の言葉で答えられるように準備しておく必要があります。
特に医師になる理由は、曖昧な理由ではなく、明確な理由を答えられなければなりません。
また、自分自身のことや家族のこと、高校生活、時事問題なども当然問われますが、医学知識や医療ニュースといった医学部特有の質問もあります。
細かい医学知識や難解な医学用語が問われることはありませんが、最新の医療ニュースなどは頭に入れておくべきです。
そして、服装や入室時の挨拶、姿勢、言葉遣い、退室の仕方など、最低限のマナーは実践できるように練習しておく必要があります。
こうしたマナーは、すぐに身に付くものではないので、日々の生活のなかで意識して取り組むことが大切です。
他にも、大学ごとに特徴が異なっているので、面接形式やよく問われる質問など、志望大学に合わせた対策も重要といえます。