夏休みの効率的な過ごし方

夏休みの効率的な過ごし方

夏休みの効率的な過ごし方 受験の天王山と呼ばれる夏休み期間をいかに有意義に過ごすかによって、入試の合否にかかわってきます。ここでは、なぜ8月に勉強することで合否に関係するかとどのような勉強をするべきかを解説していきます。
まず、8月に勉強する意味ですが、一般的に勉強したものが身につきテストの結果として帰ってくるのに二か月必要です。8月に勉強をすることで10月に結果が出、それを基に志望校を決定します。つまり、10月のテストが出来なければ医学部入試ができません。もし、10月の時点でDやE判定の場合、まわりから白い眼を見られながら勉強しなければならず、本来の実力が発揮できない可能性が高いです。以上のことが8月に勉強する意味になります。
次に、8月の勉強法ですが、医学部志望の人はこの時点ですでにセンター試験は7,8割超えていると思いますので、その前提で話します。各教科ごと勉強法は、この時点でセンターが取れるのであれば理科社会は最小限にしましょう。英語は長文読解のため、400から500語の文章を毎日音読し、英作文力と単語を鍛えます。数学は120問ほどの問題集を5周を目標に解きましょう。ここで大切なのは同じ120問を解くことです。数学の応用問題を完璧に120問解けるのであれば本番でも合格点は取れます。国語に関して言えばセンター試験の過去問を何回も解きましょう。以上のことを守れば医学部の合格点は余裕でとれるでしょう。

医学部の入試の時の過ごし方

医学部の入試の時の過ごし方 医学部を受験するとなれば、なかなかハイレベルの競争になりますので、しっかりとした実力を備えることが基本になります。もちろんそれだけでなく、直前の過ごし方として大事になるのは精神的に落ち着いた状態を維持できるかどうかです。人間は、精神面が非常に重要になり特に勝負事になると精神面が安定した方が人間の潜在道力を最大限に引き出すことができるでしょう。
潜在能力を引き出すためには、集中することが必要になりますが単に集中力を高めると思っているだけでは素人にはなかなか難しいでしょう。どのようにしたら良いかと言えば、基本的にファスティングを行うことです。ファスティングを行うことにより、本来食物を消化するはずのエネルギーを集中力などに使うことができるわけです。ただ、入試の直前になっていきなり始めても難しいですのでまずは1ヵ月ぐらい前から自分の体を鳴らすために毎日食事を1食だけ抜かすことが重要になります。特に、医学部の数学や小論文はひらめきが将軍がありますので確実に集中力を高めてひらめきを引き出せるようにしておくことが重要です。